A・ジョリーで注目、病院を飛び出す「遺伝子検査」 科学的根拠を欠くサービスに警鐘、10月から認定制度導入へ

病気・医療

  • 1,870
  • 5
  • 1

favicons?domain=jbpress.ismedia JBpress 2015.09.17 UPDATE

1442391160pBmUiFUGPb

(2015年9月16日 JBpressより) 2013年にハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが、自分の遺伝子から乳がんリスクを知り、乳房の切除手術を行ったことは記憶に新しい。最近では、ベンチャー企業や大手IT企業が、遺伝子を調べるキットの販売を始めている。  このように、自分の遺伝子を調べることは一般に「遺伝子検査」と呼ばれている。しかし、遺伝子検査という用語は、方法や目的が異なるものが混合されて使われており、中身が誤解されやすい状況となっている。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

玉石混交の遺伝子検査サービスに関して今後規制がかかっていく事、また遺伝子差別を禁止する法律の必要性などが触れられている。とてもリーゾナブルなスタンスの良い記事と思います。

遺伝子と一括りにされますが、アンジェリナージョリーで有名になったBRCA遺伝子などの遺伝性疾患の遺伝子と、太りやすさを見ます、能力診断をしますといったある意味嘘かほんとか分からない系統の遺伝子を調べるのは全くその意味合いが違います。後者は現時点ではまだ実用の範疇に至っていません。

遺伝子差別を禁する法律は、なぜこれまでなかったのかというぐらいに思います。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 遺伝子検査、とても気になるのですが、あまりよくないニュースを見かけます。やる意味ってあるのでしょうか?

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です