珈琲飲みつつ認知症予防、「レク・カフェ」がオープン

健康・予防

  • 1,532
  • 5
  • 2

favicons?domain=techon.nikkeibp.co 日経デジタルヘルス 2015.09.16 UPDATE

1442391040QjoQM38GIW

(2015年9月15日 日経デジタルヘルスより) 介護現場で実践されるさまざまなレクリエーション(介護レクリエーション)を高齢者が楽しめるカフェ、その名も「レク・カフェ」の実証店舗が2015年11月、大阪市の天神橋筋商店街にオープンする。介護レクリエーション関連事業を手掛けるスマイル・プラスが運営するもので、NTT西日本や通信教育大手のユーキャン、富士ソフト、オフィス用品/文房具大手のプラスなどが協力。2016年春から本格始動させる。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

大阪府が、様々な企業とコラボした認知症予防のための事業としてレクリエーションの要素を取り入れた「集いの場」の提供をはじめた、という記事です。

認知症予防には、身体活動の維持に加え、社会参加(就労やボランティア、知人との交流など)や知的活(読書や趣味活動など)の維持も重要であることが高齢者を対象とした追跡踏査などで示唆されています。このような活動は、そういったかつ同の機会を提供できる新たな場として期待されます。

”レクリエーションを通じた「認知症予防」、空き店舗活用による「商店街の活性化」、コミュニティー創出による「地域包括ケア」を両立し、「地域経済に貢献しつつ、高齢者が笑顔でいられる場を作る」”

ということです。認知症予防ということを特に意識していない人でも、楽しみながら、一定の役割な意識も感じつつ積極的に参加してくれることで、自然と認知症予防になっている、といった取り組みになるといいなと思います。

企業もしっかり利益をだせるような形になると、普及が期待できますね。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 昼間のカフェは
    憩いの場にはぴったりですよね

    待ち合わせでしか使いませんが
    カフェの新しい使い方に、なんだか嬉しくなりました

    このコメントにいいね!する

    1

  • 昼間のカフェは
    憩いの場にはぴったりですよね

    待ち合わせでしか使いませんが
    カフェの新しい使い方に、なんだか嬉しくなりました

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です