「オノマトペ」診断の一助に 頭痛や腰痛などの慢性痛(1/3ページ)

病気・医療

  • 2,072
  • 7
  • 2

favicons?domain=www.sankei 産経ニュース 2015.09.16 UPDATE

1442304762rvS2hjeaNL

(2015年9月15日 産経ニュースより) 頭痛や腰痛などで病院を受診し、患者が医師に痛みを伝える際、「ガンガン」「ピリピリ」などオノマトペ(擬音語、擬態語)を使うことが多い。そのオノマトペと、実際に診断された病名には、一定の関係があることが患者の実態調査で明らかになった。把握しにくい患者の痛みを、的確な診断につなげるツールとして注目されそうだ。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

オノマトペとは、擬音語や擬態語を意味するフランス語(ono matopee)です。
患者さんが医師に痛みを伝えるとき、「ズキズキ」「ピリピリ」などのオノマトペを使うそう。痛みは主観的なものなので、医師が客観的に評価することは難しいです。オノマトペ研究が進めば、痛みを評価する一助になるかもしれません。

さて、この記事の元ネタは、オノマトペラボというサイト。
以前、このサイトにたどり着いたとき、「へ~!こんなのがあるのか」ととても面白く感じました。オノマトペの方言がおすすめです。
http://onomatopelabo.jp/

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • usericon_noimage
  • 142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • 1440219497vln9aFRYPq
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

  • オノマトペは以前料理の本を読んでいたときに知ったのですが、いろいろなところで使われているんですね!

    このコメントにいいね!する

    0

  • 頭が痛くて、その痛さを表現する日本語が無いと思った場合は、
    やっぱりズキズキって、
    お医者様に伝えてました

    このコメントにいいね!する

    3

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です