女性を魅力的に見せる色はピンク、洋服ではなくマスクの話、北海道大学が報告

リフレッシュ

  • 945
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2016.01.06 UPDATE

144221956352FGSVU5JQ

(2015年9月14日 Medエッジより) 風邪やアレルギーの予防でマスクを着ける時、女性は白よりもピンクのマスクを着けると魅力的に見えるという研究結果が発表されている。  北海道大学大学院文学研究科特任教授の河原純一郎氏らの研究グループが,衛生用品大手のユニ・チャーム、中京大学助教の宮崎由樹氏らと共同で報告。9月11日に北大が発表している。

記事全文を読む

1447395394abc6e563a9f5b1a6ead1f3eecf05dfd5

大西一成

聖路加国際大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授  博士(医学) 環境疫学 公衆衛生学

 白色マスクよりもピンク色のマスクを着用した20〜30代の女性が魅力的に見えるという話です。
 モデルの複数の女性とは何人なのか不明、男女33人が評価した調査の結果ということですので、皆さんの代表の意見にはなりえない可能性はあります。
 しかし、マスクの色一つで、相手に与える印象はぐんと変わることは事実です。
小児科の先生がクマのキャラクターのついたピンク色のマスクを付けて診察される場合と黒いマスクをつけて診察される場合では印象が異なりますよね。
きちんと調べたら面白いと思います。

 最近のマスク業界には、小顔に見えるマスクやメイクが落ちないマスクやメガネが曇らないマスク、香るマスクなど、いろいろなものが出ています。
風邪予防になりさらに、メイクが落ちないという付加価値であればとても魅力的な商品ではあります。残念ながら、それらのマスクの多くは漏れているため、外からの粒子を防ぐ目的においては適していないということになります。(まれに、骨格が合い漏れ率が低い人はおられます。)

それなら、何のためにマスクを着用するのか。
小顔に見えたり、自分を魅力的に見せられたりできるマスクというのは、その単独の機能だけでもアクセサリーとして着用する価値が見出されるということになります。ある意味、漏れていることが問題にならない開き直った商品です。

一方で、メイクが落ちないマスクやメガネが曇らないマスクについては、風邪予防の目的があってこそ生きるマスクの付加価値です。風邪予防が達成されない以上、もはや着用する意味がないものになってしまう可能性があります。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です