手の平を使って、「食べ過ぎ」を防ぐ方法

食事

  • 2,567
  • 2
  • 1

favicons?domain=tabi-labo TABI LABO 2015.09.11 UPDATE

14418767786C2iwLVED3

(TABI LABOより) どんなに好きなモノだろうと、「適量」があります。それを超えて食べてしまうと…結末は言わずもがな。では、何をどれくらい食べたらOK? 「 LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏が、こぶしで量を判断できるハックを紹介しています。確かにこれは便利かも。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

栄養の領域では「手ばかり法」という方法が知られています。野菜や肉などは片手の手のひらに乗るくらいが一日の適量と考えるものです(生野菜はかさが大きいので両手のひらくらい;茹でた野菜なら片手の手のひら)。この記事の内容は、それと類似したものかなと思います。確かに、いちいち計量するのはめんどくさいものです。こういう目安を知っておくのはいいかもしれません。

ただ、経験的にわかっていることですが、人によって「手のひらに乗るくらい」のイメージがかなり異なるようです。山盛りに乗せる人、手のひらから溢れそうなくらい乗せる人、控えめに乗せる人、、、乗せ方も十人十色です。また、体格のわりに手の大きい人、小さい人など、色々なケースがあります。

やはり、あくまで『目安』と考えた上で活用していくのがいいと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • へえー!!覚えておきます(*^^*)

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です