埼玉)アニマルセラピー推進へ協定 北里研究所

健康・予防

  • 970
  • 4
  • 0

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.09.11 UPDATE

1441869084LvayZN4M6w

(2015年9月10日 朝日新聞デジタル(アピタル)より) アニマルセラピーを進めようと、北本市で北里大学メディカルセンターを運営する北里研究所(東京)と公益財団法人日本盲導犬協会(同)が9日、協定を締結した。盲導犬協会の訓練を受けた犬との触れあいを通じて、入院患者の苦痛を和らげたり、リハビリに役立てたりする。総合病院で同様の取り組みは全国的にもまだ少ないという。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 以前から、ひとと動物との関係についてはたびたび言及してきましたが(http://healthnudge.jp/4495http://healthnudge.jp/4346)、「アニマルセラピー」として医療現場で取り入れようという試みはあまりなかったのではないでしょうか?

 医療現場には免疫が低下した患者さんなどもおり、人畜共通感染症の観点からなかなか導入が難しいのではと個人的には思っていましたが、北里大学であれば獣医学部と医学部がありますし、そういった人畜共通感染症の問題もクリアできたのかもしれません。記事からその点についてはうまく読み取れませんが・・・。

 アニマルセラピーについては、盲検化が難しい点や上記のように人畜共通感染症などの問題からなかなか研究が進んでいない現状もありますが、可能であればこの協定を生かして研究も進めばいいなと個人的には願っています。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です