「他人を攻撃する人」から身を守る方法

メンタル

  • 7,465
  • 13
  • 2

favicons?domain=wol.nikkeibp.co 日経ウーマンオンライン 2015.09.09 UPDATE

1441705027BEUy6nhOgD

(2015年9月8日 日経ウーマンオンラインより) あなたの心を疲れさせるその相手、もしかしたら“攻撃欲の強い人”かも──。 上司や同僚、後輩、etc. 職場の困った人たちへの対処法を教えます!

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 ありますねーありますねー。私は1~5のタイプ、すべてに遭遇し、攻撃された経験があります。思い出すだけでも気分が悪いですよね。

 私は自分で言うのもなんですが、童顔で体が小さいため、見た目で判断する方にはよく下に見られますし、機嫌が悪い人に八つ当たりされる経験なんて数え切れません。個人的には見た目でなめられているんだろうなあと思いますし、付き合いが多少長くなってくると気を許しやすく感じて当たられやすいんだろうなあと分析しています。仲のいい友人にだって当たられたらいい気分ではないので、ましてや仕事上でしか付き合わない人に攻撃されるとか本当にいい迷惑ですけどね。攻撃されるどころか仕事のしりぬぐいをしたことも多々あります。

 もちろん、見た目については年相応にみられるようにかなりの努力をしたこともありますが、大して攻撃される頻度も変わらないので頑張りすぎるのはやめました。黙っているのがいけないのだろうと思って噛みついたこともありますが、これも逆効果な場合が多かったです。むしろ「生意気な!」と攻撃されることも増えたような・・・。また、こういった方は自分の攻撃性に気が付いていない方も多く、どうにかしようとするだけ無駄なんですよね。そもそも住む世界が違うので同じ土俵で付き合っていてもしょうがないです。

 大前研一さんの言葉でこんな言葉があります。「人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。」

 というわけで、この連載がどんな風に進んでいくか個人的に楽しみですが、結局のところそういう人とは疎遠になるのが一番なのかなーと思っています。もしくは、そういう人だと理解したうえで、自分がストレスをためないように適度に発散する方法を探すしかないですよね。どうせだったら、こういう人たちだけで同じチームに固まってくれていたらいいのに・・・。

  • 13
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • usericon_noimage
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 144135083744dc477bb2a067fd2bb1c84dcedeed12
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 余裕がないか器が小さいんだと思いますよ。仕事なんだから機嫌の良し悪しで質が変わってはいけない、と気分が一定になるよう自分自身気をつけているつもりではありますが、余裕がないとやはり難しいように思います。もともと自分の器が大きいわけでもないですしね(^^;;。

    でもお金を頂いて働く以上、特に疫学や公衆衛生は様々な方との協働が欠かせない分野ですので、感情に左右されないようにしなければならない、と肝に銘じています。難しいですけどね。。

    このコメントにいいね!する

    2

  • こういうのは、誰にでもあることなんですね。。。
    攻撃的な人ってやはりイライラされているんでしょうか?相性が悪い?一緒の仕事になったら大変…。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です