お金持ちは健康のため、貧困層は家事のための運動。中国で拡大する「健康格差」とは?

健康・予防

  • 2,740
  • 4
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.09.08 UPDATE

14416229816X6p6ZfStO

(2015年9月5日 HEALTH PRESSより) 健康格差という言葉を聞いたことがありますか?例えば、貧困は、不衛生な環境や低栄養をもたらし、感染症の蔓延などを引きおこし、結果的に社会の中で貧富の差による大きな健康格差を生み出します。かつての日本もそうでしたし、今でも発展途上国では大きな問題です。しかし、これは、発展途上国だけの問題ではありません。経済が発展し、衛生環境も向上している、先進国でも、じつは、この健康格差は少なくなるどころか、むしろ広がっていることが明らかになりつつあります。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

中国の高齢化率は約15%。日本に比べるとまだまだ低いですが、高齢者人口(65歳以上の人口)は2億人以上。日本の人口の約2倍です。とんでもない数です。

金持ちは、お手伝いさんを雇って家事はあまりせず、その分の時間で健康のために運動をする、そうでない人は、生活に追われてなかなか運動だけをする機会が持てない。。。という感じでしょうか。

中国では、特に農村部で保険制度が未だ十分に整備されていないと聞きます。そういう点では、高齢化で高齢者人口が増えれば、病気を持つ人も増える。その一方で、医療あるいは予防医療へのアクセスは所得等の社会経済的状態(socioeconomic status: SES)によって差が生じている、といったSES格差が健康格差を生み出すという構図が助長される可能性は大きいように思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9
  • usericon_noimage
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です