喫煙・飲酒を好むがん患者、別のがんの発症リスク5倍

病気・医療

  • 2,526
  • 11
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.09.07 UPDATE

(2015年9月7日 yomiDr(読売新聞)より) 喫煙し、酒好きのがん患者が10年以内にたばこに関係する別のがんを発症するリスクは、喫煙も飲酒もしないがん患者より5倍高いとの論文を、大阪府立成人病センターなどのチームがまとめた。  論文が国際的ながん専門誌の電子版に掲載された。  喫煙や飲酒は様々ながんの原因になるが、一度がんになった後に別のがんを発症させる危険性も高めることを示した。同センターの田淵貴大医師(公衆衛生学)は「何度もがんで苦しみたくなければたばこは厳禁。酒はやめるか控えめに」と呼びかけている。

記事全文を読む

14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

田淵貴大

大阪府立成人病センターがん予防情報センター 疫学予防課 課長補佐 医師 博士(医学)

複数のがんに罹患する時代になってきました。5-15%のがん患者さんは次のがんにかかります(Tabuchi, et al. 2012)。タバコを吸っていると、がんになるだけでなく、次々とがんができてしまうのです。当然ですが、飲み過ぎと吸い過ぎが合わさると、リスクが増えます(Tabuchi, et al. 2015:今回の記事の元論文)。
 がんになっても禁煙することは難しいのですが、がんになってからでも禁煙すれば次のがんが減らせると考えられます(Tabuchi, et al. 2013)。アルコールについては禁酒もしくは節酒が有効だと考えられました。
 もちろん、はじめのがんになる前に禁煙・節酒していただきたいですが、なってからも是非禁煙・節酒してほしいと思います。

 今回は私の研究成果について紹介させていただき、ありがとうございました。
 

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9
  • 1434326786qcEsunBYvv
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です