科学の危機に対する大人の対応

病気・医療

  • 975
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.09.04 UPDATE

1441261563Fln0G96OTB

(2015年9月3日 Medエッジより) わが国の科学政策に関わる研究者や官僚なら読んだ人がいると思う。  今年4月27日に米国科学アカデミーの年次総会で会長のラルフ・J・シセロン(Ralf J Cicerone)が行ったスピーチのことだ。  私たちが当たり前のように軽く口にしていた「科学研究の再現性」の問題について、科学界の危機としてとらえた優れた演説だった。

記事全文を読む

usericon_noimage

村上義孝

東邦大学 医学部 社会医学講座 医療統計学分野 教授 博士(保健学)

論文の内容を詳しく見たわけではないのですが、結果の再現性がないのは、おそらくサンプルサイズが十分でない研究が多いため、と思います。規模の小さな研究では、2群で差がないことでも、「たまたま」差が見られたりします。小学校のクラスで「たまたま」一番をとっても、それが全国大会で上位になるのと繫がっていないのに似ています。ちなみに計画された医学研究は研究目的に見合ったサンプルサイズを確保しています。医学研究で研究間の結果の不一致は、むしろバイアスによって生じることが多いですし、記事の製薬会社の研究もバイアスの影響が疑われます。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • usericon_noimage
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です