インフルワクチン:乳児・中学生に予防効果なし 慶応大など、4727人調査

病気・医療

  • 3,661
  • 8
  • 0

favicons?domain=mainichi 毎日新聞 2015.09.03 UPDATE

(2015年08月30日 毎日新聞より) インフルエンザのワクチンを接種しても、6〜11カ月の乳児と13〜15歳の子どもには、発症防止効果がないとの研究成果を、慶応大などの研究チームが米科学誌プロスワンに発表した。4727人の小児を対象にした世界的に例がない大規模調査で明らかになったという。

記事全文を読む

usericon_noimage

村上義孝

東邦大学 医学部 社会医学講座 医療統計学分野 教授 博士(保健学)

インフルエンザシーズンの前にこのような記事は貴重です。ただこの新聞のグラフはフェアでなくて、6-11ヶ月では21%、13-15歳では22%の予防効果が原著では載っています(対象者数が少ないので有意ではない)。インフルエンザワクチンに関する固有知識が乏しくて申し訳ないのですが、6-11ヶ月では予防効果がないのでしょうか?それとも予防効果が他年齢より少ないだけなのでしょうか?
 疫学的にはバイアスなのか本当?なのか悩む話題だと思います。なので、断定口調のタイトルには違和感があります。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage
  • 14260398913b333fe62184b4ce320d1368e46001e9

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です