「酒は百薬の長」はウソ? 「まったく飲まない人が一番健康」という研究データ発表

食事

  • 3,908
  • 9
  • 3

favicons?domain=health.goo.ne gooヘルスケア ニュース 2015.08.26 UPDATE

1440415823sYAXeOt91L

(2015年4月20日 gooヘルスケア ニュースより) 「酒は百薬の長」といわれ、適度な飲酒は身体によいとされてきました。しかし、最近の研究データでは、適量の飲酒でも健康のためにはならないことが判明しています。これまでの通説を覆す、最新のデータからわかるアルコールのウソホントについて考えてみましょう。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士

「酒は百薬の長」という言葉もあるが、飲んでない人の方が最も死亡率が低い、という研究がでてきたよ、という話である。

タバコと並んで一般的な嗜好品であるお酒と健康の関係というのは、長い間検討されているトピックである。

がん、という観点でみると、お酒は、世界保健機関WHOの下部機関である国際がん研究機関(IARC)において、"group 1"、つまり発癌物質であるという判定を受けている。頭頚部がん、食道がん、乳がん、大腸がん、肝臓がんなどとの関連は数多くの疫学研究で飲酒量が増えると病気にかかるリスクが上昇することが報告されている。

一方、死亡との関連も元記事でも示されているとおり数多く検討されている。日本での大規模な検討では、男女とも過ぎない量であれば、飲まないよりも飲んだ方が死亡率が低い、という結果が出ている。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21148820

「酒は百薬の長」の続きには「されで万病の元」という言葉が続いているのだが、大抵後半は省略されて都合よく使われていることが多いように思う。過ぎたるは及ばざる、という点も考えた上で付き合う必要があるであろう。

筆者はアルコール代謝酵素の遺伝的な個人差と飲酒の組合わせの研究を行っているが、上記の程々に飲むなら良い、という話は、お酒を飲んで赤くなるような人には当てはまらない可能性があるという結果を得ている。もし該当する場合は要心を。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac
  • usericon_noimage
  • 14543829371ehJeqLPPg
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

  • 気をつけよう!

    このコメントにいいね!する

    1

  • 飲まないのも不健康だわ……。適度な量にします。

    このコメントにいいね!する

    1

  • 面白い記事ですね!

    「飲酒しない人」の中に、「過去には飲んでいたが今は飲んでいない人」が入っていたのですね。
    驚きです!

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です