朝食を抜くと健康になる?食事の回数減で寿命が延び、体調不良も解消?

食事

  • 5,510
  • 10
  • 2

favicons?domain=biz-journal ビジネスジャーナル 2015.08.20 UPDATE

1439890803rMB0OfFxJt

(2015年08月12日 ビジネスジャーナルより) 「朝食は体に悪い」との説が話題になっている。 『朝食有害説―「一日二食」で健康に生きる』(渡辺正/情報センター出版局)、『生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く!』(小山内博/新潮社)、『栄養学常識のウソを突く―長生きしたければ朝食は抜きなさい』(著:東茂由、監修:甲田光雄/河出書房新社)、『朝食を抜くと、なぜ健康になるのか』(松井二郎/サンマーク出版)、『朝食を抜くと健康になる』(石原結實/PHP研究所)など、朝食の抜くことで健康になると主張する著書も相次ぎ、その正当性も明らかになりつつある。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

朝食を食べなくても良い、あるいは食べない方が良い、という記事である。

「飢餓に陥った人間の体では病体のタンパク質をエネルギー源として消化して、結果的に破壊せしめるという自己融解現象が発生する」といった引用、「理想的には、午後6時ごろに夕食を摂り、10時ごろに就寝し、翌朝4~5時ごろに起床、朝食は摂らずに12時ごろに昼食を摂るというサイクルが最も健康的だ。」とかの断定など、かなり独自の世界が展開されている。

結論が出ている話とはいいがたいかもしれないが、朝食をとばすと心血管系の病気のリスクが上がる(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23877060)とか、2型糖尿病のリスクが高い(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25686619)とか、朝食を食べないと病気のリスクが高い、という報告は数多くあり、本記事の話は読み流すだけで良いように考える。

  • 10
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78
  • 14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

  • この前、朝食を食べないと体に悪いという記事を読んだような……

    このコメントにいいね!する

    1

  • キャッチ―な話題なので、ついつい「そうなんだなー」と思ってしまうのですが病気のリスクが上がるのは嫌ですね^^;

    このコメントにいいね!する

    2

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です