座ったままだと糖尿病リスクが上昇 立って過ごす時間を90分増やそう

健康・予防

  • 2,270
  • 8
  • 2

favicons?domain=www.dm-net.co 糖尿病ネットワーク 2015.08.11 UPDATE

14392048585ZTDWL92FB

(2015年7月3日 糖尿病ネットワークより) 座ったまま過ごす時間が長い人は、2型糖尿病のリスクが2倍に上昇することが明らかになった。「意識的に立って過ごす時間をつくり、1日の座位時間を1時間30分減らそう」と、米国糖尿病学会(ADA)は注意を呼びかけている。

記事全文を読む

usericon_noimage

津野香奈美

和歌山県立医科大学 医学部 衛生学教室 助教 公衆衛生学修士 博士(保健学)

現代の仕事は、パソコンやインターネットなしに進めることが難しくなってきました。かくいう私も、講義や講演以外ではほぼ座りっぱなし。原稿執筆に熱中して、休憩も取らずに数時間座ったままで作業ということも珍しくありません。

しかし座ったまま過ごす時間が長いというのは、一見身体を休めているようで、実は健康に有害。座ったまま過ごす時間が長いことを、英語ではsedentary life styleと言うのですが、糖尿病だけでなく、心臓病などの虚血性心疾患の発症の原因となったり、寿命が短くなることが以前から研究で報告されているのです。この記事でも、米国糖尿病学会(ADA)の新しい治療ガイドラインでは、座らないで立ったまま過ごす時間を1日に1時間30分増やすことを奨励していると紹介されています。

意識していないと、つい座りっぱなしになってしまうもの。仕事上どうしても座って作業しなければならない場合にも、1時間に数分は歩き回るようにしましょう。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a
  • 1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d
  • 1436014174mXcJqfXFfh
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1

この記事へのコメント

  • 通勤電車で立つのが精一杯かなー。

    このコメントにいいね!する

    0

  • 平日、90分も立ちっぱなしでいるのは難しいー。1時間に数分ならできそうかな?

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です