がんの特効薬が見つからない本当の理由 『がんが自然に治る生き方』翻訳者のレポート(4)

病気・医療

  • 2,473
  • 2
  • 2

favicons?domain=president PRESIDENT Online 2015.08.13 UPDATE

1439202330VYbenRfD3Z

(2015年8月8日 PRESIDENT Onlineより) ネットでNPR(アメリカの公共ラジオ)を聞いていたら、「なぜ<がんとの戦い>にいまもって勝てないのか」という興味深いレポートがありました。「がんとの戦い」(War on Cancer)とは1971年に、ニクソン大統領が宣言した、国を挙げてのがん撲滅政策をさします。 マサチューセッツ工科大の生物学者で、世界的ながん研究者であるロバート・ウェインバーグ氏は、学術誌「セル」に、次のような挑発的なエッセイを寄せました。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

記事の前半部分をまとめますと、特効薬が見つけられない理由は、がんは患者さん一人一人毎に特性が異なるためだ、という内容です。

重要なのはその後で、ではどうするか。

部分的に引用されているケリー・ターナー博士が推奨する9項目は次のとおりです。

・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブとサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ

これは医療・医学ではなく、生き方の選択の話題ですね。

大切なお話だと思います。

国民の3人に2人ががんにかかる時代。

がん患者さんが治療法選択等にかかわる不安から解放され、充実した日々を送るためのヒントを伝えたい。そのために、特効薬という、目につきやすいワードを使った、少しずるい、しかし、心優しい記事なのだと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • 「人の生き方そのものを変えることによって、どんなに難しいがんからも生還する可能性はゼロじゃない、ということを明かして」という部分が引っかかります。

    生き方を選ぶことは大切です。しかし、それがあたかも「生還」とつながるような成果がでているかのように語る、更には、完全ではないものの生き方の変化よりも多くの成果がでている「治療」と同列に論じるスタンスはやはり疑念を持たざるをえません。

    このコメントにいいね!する

    1

  • 治療法は自分で決める、直感に従う、と言われても、どうしていいのか分かりません。だったら、お医者さんに決めてもらいたいです。

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です