「暑い…」寝苦しい夏の寝不足を回避する方法3つ

睡眠

  • 723
  • 2
  • 1

favicons?domain=nikkancareism nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム) 2015.08.12 UPDATE

1439199313Seo5Tlisq2

(2015年8月9日 nikkanCare.ism(ニッカンケアイズム)より) 夏は温度も湿度も高く、1年の中でも最も寝苦しい季節。熱帯夜が続いていますが、暑さからなかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりしている方もいると思います。 日照時間が長い夏は、一般的に他のシーズンと比較して睡眠時間が短くなるといわれているので、睡眠の質をぐっと高めて充実した眠りを得ることが大切になります。そこで、すぐに実践できる夏の快眠促進法を3つご紹介します。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

これから暑い日本に戻るので、気になって記事を読んでしまいましたが、、、、

”■夏の快眠対策1:スマホやテレビは早めに切り上げる
■夏の快眠対策2:目を閉じて短時間睡眠
■夏の快眠対策3:日中に身体を動かす”


私に言わせれば、どれも根本的な方法ではないですね(笑)

根本的な解決法は、ずばり、暑くないところに移住、これでしょう!

私は、新潟(夏暑く冬雪が降る・・・)生まれ育ちで、仙台と札幌に住んだことがありますが、北海道や東北の一部(仙台、盛岡など)の夏は、関東以西の人は驚くくらいに快適な夏だと思います。

これらの地域は、食べ物もおいしいし安いです。

人混みも東京など都会に比べれはありません。

家賃も安いです。特に札幌のお得感といったら・・・(関東の人は「真実」を知らない方が幸せかも・・・)

一方、札幌・旭川・仙台・盛岡などの近郊に住んでいれば、日常生活で困ることはほとんどないのではないでしょうか?(何か困ることありますか??)

さぁ、みんなで北海道・東北に移住しましょう!

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a

この記事へのコメント

  • 東京は、ドライヤーみたいに暑いですもんね

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です