蚊に刺された…プロが教える市販薬の正しい選び方

健康・予防

  • 2,243
  • 6
  • 3

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.08.12 UPDATE

1439198227vPjJFuRDjh

(2015年8月8日 日経Gooday(グッデイ)より) 暑さが猛威を振るうと、蚊の活動も気になるところ。蚊に刺されるとついつい掻きむしってしまいがちですが、傷になると肌に痕が残ってしまうことも。そこで、蚊に刺されたときの上手な対処法を帝京大学薬学部教授の下平秀夫さんに教えてもらいました。市販のかゆみ止めも成分を見極めて使えば、より早く効果的にかゆみを止めることができるそうです。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

まとめますと、虫さされ直後の痒みには抗ヒスタミン成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩等)、しつこい痒みにステロイド(プレドニゾロン、デキサメタゾン等)。

清涼成分(メントール等)は傷があると染みるので注意。

わかりやすいアドバイスだと思います。

そんな視点でアマゾンの売り上げランキングを見てると、上位は比較的ステロイドを含まない製品が多いようですね。

市販薬の用量でステロイドの副作用があることは考えにくいですが、やはり“強い薬”といった悪いイメージがあるのでしょうか。

かくいう私も即効性以外に期待するものはないので、抗ヒスタミン成分重視で商品を選択しています。

蚊に刺されない対策と合わせて、楽しい夏をお過ごしください。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1438937506f1edb7697423f5fff9d813f10e5b1ea1
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • 虫さされの薬はいつも何がいいのか悩むので、とても参考になりました!

    このコメントにいいね!する

    0

  • たまたま買った薬は、二つの成分が入ってましたー

    このコメントにいいね!する

    0

  • 毎年、たくさん蚊にさされるので
    知れてよかったです

    蚊に刺された痕が残らない方法も
    知りたいです
    そんなのは、ないのかなぁ

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です