暑苦しい夜…熟睡へ誘う「快眠空間づくりの4原則」:真夏の夜の快眠術

睡眠

  • 1,345
  • 1
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.08.12 UPDATE

14391981221Kz8vOgUAD

( 日経Gooday(グッデイ)より) ここのところ暑苦しい夜が続き、十分な睡眠をとることが難しいと感じている人も増えているのでは? 暑さに負けず、健康と活動的な毎日に欠かせない質の良い眠りを手に入れるにはどうすればいいのか? 睡眠環境コーディネーターの中野祐三子さんに聞いた、蒸し暑い夏の夜の悩みを解消するテクニックを紹介しよう。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

”涼しい寝室づくりのコツ
(1) 日中はカーテンを閉めておこう
(2) 眠る1~2時間前から寝室と寝具を冷やす
(3) エアコンは体温変化のリズムに合わせて
(4) 扇風機は「微風・首振り機能」で”


いくつかポイントをあげてくださっていますが、どれも根本的な解決にはなっていないですね・・・

上記をやったところで、熱帯夜には、焼け石に水な気がします・・・

思い切って、北海道や東北などに生活の拠点を移すのもいいかもしれません。

いや冗談ではなく結構本気で書いています。

私は仙台と札幌に住んだことがありますが、どちらもとても夏は快適です。

日常生活においても、田舎すぎて困る!ということは無かったです。

今後我々が死ぬまでに日本が涼しくなることはないでしょう。

関東以西にお住いの皆さん、リアルに、北方への移住を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac

この記事へのコメント

  • 夏だけ……いますぐにでも行きたいです!

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です