中高年男性のうつ病による自殺の要因?渡辺正行も苦しんだ更年期障害のメカニズム

病気・医療

  • 1,841
  • 5
  • 1

favicons?domain=biz-journal ビジネスジャーナル 2015.08.07 UPDATE

1438949656d7xRAN2fjk

(2015年8月7日 ビジネスジャーナルより) 女性の体は、卵巣から分泌される二つの女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)によって支配されている。  このうち、更年期の症状と深い関係があるのはエストロゲンである。エストロゲンの分泌量は20代から30代をピークに減り続け、50歳ではピーク時の5分の1程度になる。この時期、エストロゲンの分泌が一気に低下してしまうことから、様々な心身の不調が現われるのである。これをエストロゲン欠落症状という。  このメカニズムをもう少し詳しく説明しよう。 

記事全文を読む

usericon_noimage

津野香奈美

和歌山県立医科大学 医学部 衛生学教室 助教 公衆衛生学修士 博士(保健学)

更年期が、中高年男性のうつ病による自殺の原因となっているという記事です。更年期と言えば女性の方が有名ですが、男性にも更年期があります。精巣から分泌される男性ホルモン(テストステロン)が減少することによって、様々な心身の不調が現われるのです。

自殺率を年齢階級別にみると、男性で最も自殺率が高いのは50-59歳です(2014年現在)。自殺の背景の8割にうつ病があると言われていますが、うつ病の原因には様々な生活の変化があることがわかっています。例えば、昇進、転勤、介護、離婚など。更年期などのホルモンバランスの変化も、生活に変化をもたらします。一見すると良いように見える変化でも、何かしら変化があるというのは、ストレスになるものです。50代は職場で責任のあるポジションについたり、あるいは役職定年により降格になったり、親の介護をしなければならなかったりと、生活の変化が起こりやすい年代でもあります。「いつまでも元気」だと思って無理をしすぎないようにすることが大切です。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac
  • 1457391393orKeZA3EQJ

この記事へのコメント

  • 更年期=女性だと思っていたのですが、男性にとっても
    大きな問題なんですね。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です