家庭血圧は医療者に測ってもらう血圧よりも心血管死亡リスクに強く関連している

健康・予防

  • 2,807
  • 5
  • 1

favicons?domain=medley MEDLEYニュース 2015.08.06 UPDATE

1438850334Er8JZVyQNE

(2015年8月6日 MEDLEYニュースより) 家庭で測定する血圧は診察室で測るよりも低めに出る傾向があります。今回は、「診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断を優先する」というガイドラインの根拠となる論文のひとつを紹介します。 ◆家庭血圧、検査による血圧と死亡の関連性を検証 この調査では、40歳以上の1,789名を対象に、家庭で測定した血圧と、検査で測定した血圧が、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患による死亡のリスクと関連するかを検証しました。

記事全文を読む

143130910655d2b7963799d3a3941cdde62b3ad021

村上慶子

帝京大学 医学部 衛生学公衆衛生学講座 助教 MPH(公衆衛生学修士) 博士(医学)

家庭血圧の予後(心血管病発症や死亡リスク)を予測する力は診察室血圧よりも高いことから、高血圧治療ガイドライン2014では「診察室血圧と家庭血圧のレベルに較差がある場合、家庭血圧による高血圧診断を優先する」としています。

それでは、なぜ家庭血圧のほうが予後を予測する力が高いとわかったのか!?血圧を測定し、その方たちを長期追跡してその後の疾病発症や死亡を調査するコホート研究の地道な積み重ねの結果です。

ここで根拠としてあげられている論文は、「大迫研究」という岩手県大迫町(現・花巻市大迫町)の住民を対象としたコホート研究の結果です。
この大迫研究、私も数年前より関わらせていただいています。現在は2015年、この論文の発表は1998年!そして、この研究の開始は1986年!もう30年近くも続いている調査研究なのです。

家庭血圧測定のメリットは、心血管死亡リスクに強く関連していることだけではありません。自宅で毎日測定することで、「最近血圧高いからお薬ちゃんと飲まなくちゃ」など、高血圧治療に対する自覚が高まると言われています。

お家で測るの大変そうと思わずに、朝・夜の1日2回、記事の写真にあるような方法でぜひ測定してみてください!

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1438603191NAplsFxEZS
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • 最近の血圧計は、軽くて小さくて、家庭でも使いやすように設計されていますよね。

    数年前は、「あの締め付けられる度合いは調整できないのか?痛いんだよー!」と言われたりもしましたが、今はきっと、そんなこともないんでしょうね。(時々、妙に痛いやつがあるんですよ…^^;)

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です