1日の嘔吐10回!新生児の時のトラウマにより食事ができない2歳の少女

出産・育児

  • 2,266
  • 9
  • 3

favicons?domain=spotlight-media Spotlight 2015.08.06 UPDATE

1438833033a6G1WZggez

(2015年6月12日 Spotlightより) 母親にとって、幼児の食事時間はストレスがたまることも多いのではないだろうか。何でもよく食べる子供ならともかく「これ嫌い」、「これよりあれが食べたい」などと言い、偏食気味の子供も多いだろう。 しかし、ビッグウッド夫妻にとっては、毎日の娘の食事時間は深刻で、かなり辛いものとなっている。なぜなら、娘のイーヴィーは口からものを食べることができないからだー。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

食べ物を飲み込めなかったり、飲み込むときに問題を起こす(むせたり、気管に入って肺炎を起こしてしまうなど)症状を摂食嚥下困難症といいます。

多くは、高齢者の脳卒中などの後遺症で、のどの筋肉がうまく働かなくなって起こります。しかし、この記事のように、生まれつきや、生まれて早いときの何らかの原因で嚥下困難となってしまうこともあります。

この記事は知人からの紹介ですが、僕も恥ずかしながら、知人から教えてもらうまでほとんど知りませんでした。小児科の先生にもあまり知られておらず、ご両親やご家族、そして何より本人が大変な苦労をする、という状況があるようです。こんな記事を見つけました「食べることを拒否する娘、「理解者なく心中すら考えた」――摂食嚥下障害の子どもを持つ親の思い」http://goo.gl/3jPmMh

この記事にある「つばめの会」など、日本でも、患者家族による活動があるようです。

珍しい病気はなかなか医療者や一般社会の理解が得られず、その支援のための公的制度の対象にならない、といったことも起こります。

そのような病気の存在を知り、関心を持つこと、それが大きな支えになると思います。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • 1438660555pzSRPyHV49
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です