なぜ私たちはこれほど疲れているのか

リフレッシュ

  • 1,674
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.08.04 UPDATE

(2015年8月3日 yomiDr(読売新聞)より)  改めて近代の歴史を振り返ると、人類は技術の革新と共に歩んできました。  例えば、古くは蒸気機関の発明に始まり、鉄道の普及、電気・化学・自動車・航空機の出現、そして最近ではITの登場が挙げられます。  これらの技術革新は、それぞれ長期的な景気向上に貢献し、私たちの生活を豊かなものにしてくれました。  ……ところが、その結果どうなったかというと、現代の私たちは幸せな気持ちではなく、疲れ果てて一日を終えています。一体どうなっているのでしょうか?

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

アナウンサー「“なぜ私たちはこれほど疲れているのか”の答えは、この記事によると、

1.人間が一日に使える意志決定の量は限られている
(おそらく「制御資源理論(セルフコントロールのエネルギー)」のことだと思います。こちらをご参照ください 『休息も"アグレッシブ"に? 疲労回復を促す、意外と身近な「積極的休息」とは』 )
2.にもかかわらず、私たちはスマホやPCで長時間、意志を使い、脳を酷使している
3.ゆえに、脳が疲れてしまっている
(記事中のシェフ話は面白かったです)

この疲れを解消するために、記事は瞑想を勧めています。そのやり方は、
1)姿勢を正す
2)ゆっくりと呼吸する
3)一つのことだけに集中する(例:呼吸、食べる、歩くなど)

そこで、なんと、本日はスタジオに、音楽活動を休止中で、更生のために毎日、瞑想を実践されているというASKAさんにお越しいただいています。ASKAさん、瞑想の実演をお願いします!」

ASKA「お久しぶりです。では、瞑想を始めます。
1)姿勢を正す
2)ゆっくりと呼吸する
3)一つのことだけに集中する
――覚せい剤、覚せい剤、覚せい剤、覚せい剤、覚せい剤、覚せい剤、覚せい剤……」

アナ「ASKAさん、ありがとうございました。次はなんと、国会中に迷走しないために瞑想されているという安倍総理にお越しいただいています。総理、瞑想の実演をお願いします!」

安倍「わかりました。姿勢を正し、ゆっくりと呼吸し、一つのことだけに集中する――安保法案、安保法案、安保法案、安保法案、安保法案、安保法案……」

アナ「総理、ありがとうございました。次はなんとなんと、瞑想の実践者としても有名な、あのジョン・レノンさんにお越しいただいています。ジョン!プリーズ!

ジョン「コニチワ。Straighten myself. Breath slowly. Then, focus on one thing…愛と平和、愛と平和、愛と平和、愛と平和、愛と平和、愛と平和……」

アナ「ジョン。サンキューベリマッチ。最後は、バカボンのパパが来てくれています! パパ、お願いします!」

パパ「これでいいのだ、これでいいのだ、これでいいのだ、これでいいのだ、これでいいのだ、これでいいのだ……」

アナ「瞑想は、不安やうつなどの解消に効果が認められているようです。
(例 http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1809754
皆様も、頭が疲れた時は、瞑想を試してみてはいかがでしょうか。
意志とセルフコントロールについて詳しく知りたい方は、書籍『WILLPOWER 意志力の科学』(ロイ・バウマイスター、ジョン・ティアニー著、インターシフト)がお勧めです」

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14399070166259abd5f64c215c492c7b944018d487
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です