手足口病の流行拡大、35都府県で警報レベル

健康・予防

  • 823
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.08.03 UPDATE

1438166877ACRwjQWbRq

(2015年7月29日 yomiDr(読売新聞)より) 手足や口の中に水疱が出る手足口病の流行が続いている。国立感染症研究所(東京)が27日に発表した集計では、7月19日現在、全国で35都府県が警報レベルに達しており、大流行した2011年や13年並みの勢いだ。  感染研は「今年は重症化しにくいタイプのウイルス感染例が多いが、予防に努めて」と呼びかけている。

記事全文を読む

1432799497CDDwggmeNF

久保達彦

産業医科大学 医学部 公衆衛生学 講師 医師 博士(医学)

以前にもHealth Nudgeにて紹介したことがありますが、幼児に多い手足口病で気になるのは保育園などへの通園可否ではないでしょうか。

手足口病は重症化することが多くはなく、また症状がおさまった後もしばらくウィルスの排菌が続くため、学校保健法で出席停止などの措置は定められていません。お子さんがかかった場合は、まずはお子さんの病状にあわせて、また通園先のポリシーにあわせて通園可否を判断してあげましょう。

夏風邪はつらいもの。まずは手洗い、タオル共用を避ける等、予防に努めたいですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です