ホントはどうよ?僕らが恐れる「マイナンバー」の誤解と真実

病気・医療

  • 1,391
  • 7
  • 0

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2015.07.30 UPDATE

1437991826jGqVkpcVHU

(2015年7月24日 ダイヤモンド・オンラインより) 国民1人1人に番号が配布され、社会保障や税に関する情報が番号を元に管理される「マイナンバー」。その運用開始が迫るなか、マイナンバーへの不安や恐れの声は日に日に増えている。「国にデータを一元管理され、監視される」「情報漏えいでプライバシーが侵害される」「漏洩した情報が不正利用される」といった声が、主たるものだ。果たして、マイナンバーに対する国民の不安が現実となる可能性はあるのか。それとも、単なる杞憂に過ぎないのか。専門家の説明を交えながら、この制度が持つ基本的な構造と性格に絞って検証してみよう。

記事全文を読む

14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f

渡邊亮

神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーションスクール設置準備担当 

マイナンバーは、やはり多くの方にとって漠然とした不安感があるのだと思います。実際にはこの記事でも紹介されているとおり、マイナンバーによって情報が一元的に管理されるわけではないのですが、「住基ネット」の時と同様に、なかなか不安感を拭えないのは分からなくもありません。
どんな仕組みも”100%の安全性”ということを達成は出来ませんので、十分なセキュリティ対策が取られるべきですが、現代に生きている我々は、すでに一定の情報セキュリティのリスクを許容しながら生きています。マイナンバーによって生じる追加的なリスクと、マイナンバーから得られるメリットを冷静に判断したいものです。
ちなみに、私の名字にある【邊】という漢字にはとても多くの違字体があるため、役所や金融機関で色々と困ることがあります。この記事でも指摘しているとおり、このような弊害がなくなるのであれば、私個人にとっては結構助かります。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!5
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です