「大きな病院、有名な医者、よく耳にする薬」を決して過信してはいけない理由がある

病気・医療

  • 2,190
  • 7
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.07.29 UPDATE

1437991234W00qzYATiM

(2015年7月26日 HEALTH PRESSより) いまだに大病院などで問題になっている"3時間待ちの3分診療"。患者の中には、たとえ診察時に医者が一度も目を見て話さなかったとしても、「有名な先生に見てもらった」と満足している人もいるようだ。  また、どんなに診察時間が短くても「医者は難しい国家試験を突破した医療のプロフェッショナル。言うことに間違いはないはずだから、きちんと聞くべきだ」と考えている人も多いという。たった3分の診察で、どこまで判断できるのか。身体は一人ひとり異なっているため、医者は経験と数値の平均値などから診断を導き出すしかない。患者の健康を助ける医療の専門家といえども、万能の神ではないのだ。  一方、海外では"本来命を救うはずの医療行為には命を奪う可能性がある"ということを暗に示す出来事が起こっている。

記事全文を読む

143701579863d06d11e1e2b91624f66e0fb09830b3

徳田安春

総合診療医学教育研究所

過剰検査と過剰治療の有害性の結果が一因ですね。いまは、検査や治療内容、健診(検診)内容も賢く選ぶ時代になってきています。欧米では、医師と市民団体、メディアが全国民に向けて、診断や治療において賢く選択することをねらったキャンペーン(Choosing Wisely Campaign)がうねりとして起きています。日本でもChoosing Wisely Japanが立ち上がりました。医療不信への処方箋は以前、私のブログにまとめました。ご参考になれば幸いです。 http://blog.goo.ne.jp/yasuharutokuda/e/fb6f36764423a9739490d39b235c7f4f

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です