意外に短い「健康寿命」 50代早期退職の現実味

健康・予防

  • 3,550
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.nikkei 日本経済新聞 2015.07.27 UPDATE

1437731930OVC8RivMm2

(2015年7月24日 日本経済新聞より) 高年齢者雇用安定法の改正で、10年後の2025年までに全ての企業は希望する従業員を65歳まで雇用することが義務付けられる。「あと何年働かなければならないのだ」とため息をつく人たちもいるだろう。退職後のそろばん勘定について調べてみた。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

この記事もそうですが、どうも日本の退職についての議論を聞いていると、「仕事100か、完全リタイアか」、のような印象があります。

仕事100から、突然仕事を0にして、充実した人生を送ることができる人もいるかもしれませんが、徐々に仕事の割合を減らし、増やした自由時間で、何か(地域活動なり趣味なり)していく方がいい気がするのですが、その様な考えはあまり主流ではないのでしょうか?

突然たくさんの時間ができても困る人もいるでしょう。

収入がゼロになって困る人もいるでしょう。

仕事を通じて、得られていた人間関係・やりがいが無くなり、人生にぽっかりと穴が開いたような感覚になる人もいるかもしれません。

たとえば、とりあえず仕事を半分くらいにして、空いたその半分の時間で、自分が何をしたいのか?何ができるのか?何に向いているのか?などを考え実行できると思います。

また、仕事から一度完全に降りてしまうと、「やっぱりまた戻る」というのは非常に困難なのではないかと思います。

仕事からいったん完全に降りてしまって、「あー自分には仕事がとても大切なものだった・・・・(やめなければよかった)」と気づいても、現実的には取り返しがつかないことが多いのではないでしょうか。

その様なフレキシブルな雇用体系が広がるといいなぁと思うと同時に、そのような働き方でも仕事が見つかるように自分の「売り」を作っておかないとなぁと思います。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です