【話題の肝】「肉こそパワーの源」 長寿のカギにぎる肉食シニア 鬱や自殺予防にも効果が

健康・予防

  • 2,891
  • 9
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経ニュース 2015.07.25 UPDATE

1437731815FmWHcxNb49

(2015年7月20日 産経ニュースより) 高齢者に「肉好き」が増えている。健康維持に効果があるとされた粗食とは一線を画し、「お肉こそパワーの源」と話す高齢者も。肉は老化防止に役立ち、積極的に食べる人ほど長生きするとの専門家の指摘もある。“肉食シニア”は、長寿への鍵をにぎっているようだ。

記事全文を読む

142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

佐々木 由樹

管理栄養士 健康運動指導士 MPH(公衆衛生学修士)

記事には、
・60~69歳の1日の肉類摂取量(平均値)は77グラムで、10年前の57グラムから増加(厚生労働省の平成25年の調査結果)。
・60代の男性の86・0%、女性の78・7%が肉料理を「好き」と答えた(博報堂新しい大人文化研究所、平成24年の調査結果)。
と書いてあります。

高齢者になるほど、たんぱく質を意識した食事をすることは大切です!

でも、ここでちょっと注意があります。

お肉はお肉でも、サーロインやカルビ、ばら肉などの脂身の多いお肉は、エネルギー(カロリー)のうち、80%を脂のカロリーが占めます。脂が多い分、たんぱく質は少なくなります。

たんぱく質を摂るつもりで、お肉を食べていたのに、実はたんぱく質はあまり摂れずに、脂ばっかり摂っていたってことにもなりかねません。

お肉を選ぶときには、脂身がそんなにない、赤身のお肉の方が、たんぱく質がしっかり摂れます。



  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1437870000W4FNWm8KCl
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です