Googleで「死にたい」と検索すると? 注目されるネットによる自殺予防の取り組み

メンタル

  • 1,047
  • 5
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.07.25 UPDATE

1437731235tFWpgu5jHS

(2015年7月24日 HEALTH PRESSより) ネットと自殺問題──。今でこそ、ネットを利用した自殺予防の取り組みが注目されるように、ネットが自殺の防波堤に成りうるという可能性が取り上げられるようになっている。  だが、10年ほど前は、「ネットと自殺」といえば、「ネットが自殺願望を助長し、手段を与えもする」というように、極めてネガティブな文脈で関連づけられることのほうが多かった。その原因となったのが、「ネット心中」や、ネットを通じて手段が広まった硫化水素自殺といった問題である。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

インターネットも、LINEも、SNSも、要は新しいコミュニケーションのための手段=メディア。良い面も悪い面も当然あるはずですね。

新しく普及する技術は革新的に生活を便利にしてくれるので普及したわけで、たいてい「すごい」。しかし反対に、それがパワフルなものほど、問題が生じたときのインパクトが大きくて印象も悪くなりがちなのかもしれません。

この記事が取り上げる自殺予防しかり、ポジティブ面をうまく活用して、有効な取り組みを進めたいものですね!

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 143575667063955c80fc0787027e1232c380bffa17
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です