能力遺伝子検査、我が子に受けさせるべきか否か

出産・育児

  • 1,033
  • 13
  • 3

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2015.07.24 UPDATE

1437647396Z4HUlt1nbb

(2015年07月18日 ダイヤモンド・オンラインより) 「乳がんになる確率が87%、卵巣がんになる確率が50%」と医師から説明を受けたアンジェリーナ・ジョリーが、2013年5月14日、「熟慮の末に乳がん予防のための両乳房切除手術を受けた」と明かしたことを受け、日本でも遺伝子検査に俄然注目が集まった。  さらに、今年の3月14日には、同女史は「卵巣と卵管を摘出する予防手術を受けた」ことを打ち明けている。  その間、遺伝子検査に関連して日本で起こった象徴的な出来事と言えば、DeNAやヤフー、ファンケル、DHCといった名立たる企業が遺伝子解析ビジネスへの参入を表明したことだろう。

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

現時点でこの手の検査の意義は、「鰯の頭も信心から」を越えるものではないでしょう。
人が気にしている事につけ込んで、インパクトの大きさが殆ど定かで無いものを、ほぼ確信犯的に売りつける手法は、悪質と言っても良いでしょう。
遺伝性疾患を引き合いに出して、こういう話が紹介されることが多いですが、多くの病気のなりやすさ、能力、適性などの個人の特性は、環境要因や後天的なものを無視することはできません。
遺伝子をあまり絶対的なものとして信仰しすぎないことが肝要です。

  • 13
  • /
  • 専門家のいいね!8
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1445244289fa3c01795c9b8fbdcaa3c61e8f8a7c67
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • 14321976593JHAhAtEyp

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です