大崎市民病院:カルテ不正閲覧 運用に問題があったことを認める

病気・医療

  • 4,220
  • 4
  • 1

favicons?domain=mainichi 毎日新聞 2015.07.17 UPDATE

(毎日新聞より) 大崎市民病院に入院していた患者の電子カルテを業務と関係のない看護師や委託先の社員らが不正閲覧していた問題で、同病院は15日、原因についての調査結果を発表した。病院側は「危機管理(意識)の欠如があり、アクセスの制限をかけていなかった」と運用に問題があったことを認めた。これまでは原因を不正閲覧者の「モラルの問題」としていた。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

この件が報道された時、管理側の態度は、この記事にある通り、

 ”これまでは原因を不正閲覧者の「モラルの問題」としていた。”

でした。
これはもはや管理者としての自身の職務の放棄ではないかと正直あきれました。

しかしその後報道が盛り上がった(?)影響もあってか、

”病院側は「危機管理(意識)の欠如があり、アクセスの制限をかけていなかった」と運用に問題があったことを認めた。”

と態度を変えました。
正確な因果性はわかりませんが、メディアの監視がなければ、管理者の態度は変わったのですかねぇ。疑問です。メディアの監視って重要だなーと思いました。

参照:当時記事が出された時の私のコメント
電子カルテ不正閲覧 大崎市民病院職員ら24人

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • この事件の続報です。

    ●<カルテ不正閲覧>病院とニチイ学館を提訴へ
    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201507/20150722_13018.html

    ”大崎市民病院(宮城県大崎市)で入院患者の電子カルテが不正閲覧されプライバシーを侵害されたとして、被害者の姉妹と母親が、病院と医療事務を請け負っていたニチイ学館(東京)に900万円の損害賠償を求める訴えを、23日にも仙台地裁古川支部に起こす。
     母子の代理人弁護士によると、昨年10月、姉妹の父親の家庭内暴力(DV)が原因で10代の次女が脚にけがをし、診療した医師の判断で20代の長女と共に同病院に保護入院させた。”

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です