調剤薬局が「儲かりすぎ」と批判される理由

病気・医療

  • 1,847
  • 8
  • 0

favicons?domain=toyokeizai 東洋経済オンライン 2015.07.22 UPDATE

1436961573LoNXfHGugC

(2015年07月15日 東洋経済オンラインより) 薬局でお薬手帳を断ると、20円支払いが安くなる――。こんな話を聞いたことはないだろうか。 カラクリはこうだ。薬剤師の調剤に対して支払われる調剤報酬のうち、薬歴の確認などに対しては「薬学管理料」という項目がある。現行制度では、お薬手帳の記載を含めたすべての指導を行えば、ここで41点がもらえるが、患者がお薬手帳を持参しなかったり配布を拒否したりして、お薬手帳への記載ができなかった場合は34点に減額される。

記事全文を読む

1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

雑賀智也

医学出版社勤務編集者、東京大学 客員研究員、薬剤師、メディカルライター MPH

「お薬手帳を断れば安くなる」というのは、テレビの健康番組や雑誌などでもよく見かけますね。
ですが、この議論は、「何のためにお薬手帳があるのか」がいまいち理解されていないことが原因のように感じます。本来は、併用薬や同効薬の処方有無を把握して、過剰投与や相互作用による副作用を未然に防ぐことが目的。その目的からすれば、20円の自己負担は決して高くないと思います。
しかし、ただ、お薬手帳にシールを貼るだけという薬局が少なからずありますね。薬剤師がお薬手帳を有効活用し、患者さんにアピールしていく姿勢も不十分のように感じます。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 14334806105RalkPPMHZ
  • 1438346540ff83a3cdeccb6376853259a16a43692a
  • 1446789458xxYB0cu0yq

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です