EU当局、子宮頸がんワクチンの安全性評価を開始

健康・予防

  • 902
  • 6
  • 0

favicons?domain=mocosuku MOCOSUKU 2015.07.22 UPDATE

14369612720s5OnUuULi

(2015年7月15日 MOCOSUKUより) 欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA、ロンドン)は7月13日、子宮頸(けい)がんワクチン(HPVワクチン)の安全性をより明らかにするための評価を行うと発表した。有害事象(ワクチンとの因果関係がはっきりしないものも含めた副作用)の報告が集まっているデンマーク当局の要請によるものだが、欧州医薬品庁は今回の安全性評価について「子宮頸がんワクチンの効果と危険性のバランスに疑問を投げかけるものではない」と強調している。子宮頸がんワクチンの有害事象は日本でも報告されており、政府は積極的な接種の呼びかけを中止している。

記事全文を読む

1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900

伊藤ゆり

大阪府立成人病センター がん予防情報センター 疫学予防課 主任研究員 博士(保健学)

がんを予防するためのワクチン接種により、健康被害が引き起こされることは、非常に残念なことです。かなり少ない頻度だとしても、その方やご家族にとっては耐えがたい悲劇です。しかし、このワクチンにより引き起こされたことなのか、そうでないのか、きちんとデータを蓄積する仕組みを作り、正確に判断できるようにすることが重要です。それにより、政策としてこの事業を進めていくべきかを決めたり、被害に遭われた方への十分な補償体制を整えたりすることが可能となります。日本では副反応が起こった方のことが大きく報道され、そちらばかりがクローズアップされがちとなり、厚生労働省としては積極的に接種を推進しないことになりましたが、きちんと副反応の頻度が把握できる体制を整備して欲しいと思います。公費を投じて行う健康事業は評価体制を整えてから行うことが大切だと思います。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • usericon_noimage
  • 1437870000W4FNWm8KCl
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です