家事パパ率1位は島根、最下位は?

出産・育児

  • 1,051
  • 6
  • 1

favicons?domain=r25.yahoo.co web R25 2015.07.28 UPDATE

(2015年7月15日 web R25より) 90年代初頭に中学と高校で始まった家庭科の男女共修や女性の社会進出によって、若い世代では家事を共有する「家事シェアリング」があたり前になりつつある。花王の調査(※1)によると、35歳以下の家庭科共修世代では、浴室約8割、リビング約7割、トイレ約6割と男性も進んで掃除を行う「おそうじシェアリング」の実態があるそうだ。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

都道府県別の女性の就業率のランキングと照らし合わせてみたところ、たしかにこの夫の家事育児分担率を結構合致しています(http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/107024/00000420062051.pdf)。奥さんが働いているから男性は家事をしているのか、男性が家事に協力的だから女性が働けるのか、、、この点は横断的な本データからではわかりません。が、後者であってほしいなと思います。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1459485756604fb09ee7655736eba9ffef63f3fb3a
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

  • つい、自分の住んでいる県をチェックしてしまいました…

    このコメントにいいね!する

    2

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です