91歳エージシューター、年間150ラウンドを支える「内助の功」:現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

スポーツ

  • 1,060
  • 6
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.07.19 UPDATE

14369578657hx0zciNGl

(2015年7月15日 日経Gooday(グッデイ)より) ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

年間150ラウンドを61歳のときから30年も続けている植杉乾蔵さん(91歳)、エージシュートは1300回、ゴルフ雑誌で連載されていたりするので、ゴルフ愛好家の中ではちょっとした有名人ではないでしょうか。この記事では、その植杉さんを支える奥様のことが紹介されています。奥様曰く、
「私が作るのは料理じゃありません。単なる栄養です。だから家では栄養をとり、料理は外でプロの料理人の作ったものをいただきましょうと言っています」
「単なる栄養」というのは謙遜でしょうけど、食に対するこのような考え方は、ある程度、必要かもしれません。食を楽しむことは、生活の質を高める一方で、カロリーや塩分の取りすぎにつながる可能性もあります。カロリーや塩分の取りすぎに注意した食事は、さまざまな疾患の予防につながる一方で、食の楽しみを奪う可能性があります。「健康的な食事を楽しむ」ことが一番ですが、「単なる栄養」という割り切りも、理にかなったとても素敵な考え方だと思います。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1432974889YAIm1dvt7z
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です