運動の有無、夕食時間…不健康な生活習慣で腎臓病リスク増

健康・予防

  • 1,765
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.07.08 UPDATE

(2015年7月6日 yomiDr(読売新聞)より) 不健康な生活習慣の人ほど腎臓の機能が低下する慢性腎臓病になりやすいとの研究結果を福岡大学スポーツ科学部の道下竜馬助教(現・産業医科大学講師)らがまとめた。  調査は2008~13年に福岡大病院の特定健診を受診した男性職員252人を対象に、08年時点で定期的な運動の有無や夕食を食べる時間など七つの生活習慣と5年後の慢性腎臓病の発症率を比較した。

記事全文を読む

142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31

村山洋史

東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師 看護師・保健師 博士(保健学)

生活習慣と慢性腎臓病(Chronic kidney disease: CKD)との関連を示した研究は多く存在します。CKDは、さらに心血管疾患等も引き起こすことが知られています。近年、CKD保有者数は増加しており対策が求められていますが、生活習慣の改善は最も身近に実行できる手段と言えます。
ただ、今回の記事の研究は対象者数がかなり少ない研究です(原典を見つけられなかったので詳しくはわかりませんが。。。)。CKD保有者は一般成人の10-15%と言われていますので、対象者数はもう一ケタくらい多く確保して結果を示してほしかったところです。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です