マンモグラフィー検診には廃止勧告も、スイス医療委員会「有益な効果認めず」

病気・医療

  • 3,730
  • 16
  • 5

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.07.06 UPDATE

14361721846UWKhkYsXV

(2014年9月19日 Medエッジより) 乳がん発見のためのマンモグラフィーによる定期検診の有用性に今疑問符が付いている。この5月には、有力医学誌で、スイス医療委員会が「マンモグラフィー健診は乳がんによる全死亡率を低下させない」と結論付けて、廃止勧告している。  これはスイス医療委員会の委員からなる研究グループが、今年、世界でもトップクラスの医学誌であるニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌で報告したもの。日本ではほとんど知られていないだろう。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

マンモグラフィーをすることで乳がんによる死亡を減らせるという利益より、がんじゃないのにがんだと間違って診断して、大変な精密検査(しこりに針を刺して組織をつまんできて顕微鏡でみるなど)をするという不利益のほうが大きい可能性がある。しかも、多くの人はマンモグラフィーをすると乳がんをはやく発見できる、という点をかなり過大に評価しているなど、適切な情報提供がされていないなど問題が多いので、スイス政府はマンモグラフィによる検診を今後縮小していく可能性がある、という内容です。

興味深いのは、そういう政策をとるか否かについても「しっかり情報提供して、当事者に決めてもらう」という姿勢を貫いている点。当事者が関心を持って、議論をして決めていく、というのは素敵な考え方だなと思います。

  • 16
  • /
  • 専門家のいいね!7
  • 1459826841e8cc4f5c199acaaff73c32a15866b90c
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • 14321976593JHAhAtEyp
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • 143575667063955c80fc0787027e1232c380bffa17

この記事へのコメント

  • 男もしてもいいと思いますが、検診は一定以上の発生率がないとやっても害が多いため、まれな男性の乳がんを発見するためとしては男性がマンモグラフィーやるのはオススメできません。

    このコメントにいいね!する

    0

  • 毎年やってました!痛いやつ。もうやりたくないです。涙

    このコメントにいいね!する

    1

  • おとこの人はマンモグラフィーしないんですか?

    このコメントにいいね!する

    1

  • 残念ながら対象物を持ち合わせていないため経験なく、どれくらい痛いのかわからないのですが。。痛いらしいですね。。

    意味があるかどうか、という判断は難しく、もちろんマンモグラフィで早期の乳がんな見つかって治った、という方はたくさんいます。利益と不利益の中身が違うので、利益が得られる確率と不利益を被る確率との単純比較で結論できるものではありません。

    命はお金では買えませんが、医療に国としてどれだけコストをかけられるかには限界があります。がん検診のやり方も、いろんな視点で評価して、同じコストでも最も利益が大きく不利益が少ないものを選ぶ必要があります。

    このコメントにいいね!する

    4

  • マンモグラフィーってあの痛い検査だよね。痛い思いして、しかも意味ないとか!!だったら絶対にやりたくないよー。

    このコメントにいいね!する

    4

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です