世界規模で見る医療の課題・・・カンヌ広告祭で出会った3つの「ヘルスケアイノベーション」

健康・予防

  • 843
  • 2
  • 0

favicons?domain=nge FUTURUS(フトゥールス) 2015.07.06 UPDATE

14359239447xr8qKgWBz

(2015年6月24日 FUTURUS(フトゥールス)より) 6月21日、世界最大の広告祭とも言われる『Cannes lions International festival of creativitiy』が開幕した。世界中のアイデア、イノベーション事例が集まるクリエイティビティのお祭りには、今年もたくさんの人が訪れている。実は、昨年度から医療やヘルスケア領域に焦点をあてた部門『Lions Health(ライオンズヘルス)』が独立して始まっており、19~20日にその審査と受賞作品の発表が行われた。 『Life Changing creativity』というテーマを元に、医療・ヘルスケア領域のコミュニケーションにおけるクリエイティビティを顕彰する同賞。その受賞作品の中で、FUTURUS編集部が気になったものをいくつか紹介したい。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

「新たな習慣を作り出すのではなく、既にある習慣の中に溶け込む」

・・・私自身、健康的な生活に改善しよう!と思ってもやはり長年の習慣を変えることはかなりの努力が必要だと実感しています。ですのでこのすでにある習慣を利用した、投薬や鉄の魚のアイデアは「なるほどな」と思いました。

ただ、気になるのは最後3例目の「HIV患者の血液をインクに混ぜて印刷した」という雑誌。HIV患者のものかどうかではなく、そもそも人間の血液をインクに混ぜたもので印刷すること自体がどうなんだろうな、と思いました。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です