ゴルフは「人生の最後に残しておいた楽しみ」:現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

スポーツ

  • 786
  • 2
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.06.29 UPDATE

14352295059FqclykZ5h

(2015年6月25日日経Gooday(グッデイ)より) ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

個人の経験が他の個人に当てはまるとは限りませんが、個人の経験から学ぶことも多いです。科学的ではありませんが、後に科学によって検証されるべき重要なポイントが含まれているかもしれません。記事にある85歳のエージシューター曰く、 「ゴルフ場はもちろんですが、練習場も自宅からクルマで1時間かかる遠い所をわざわざ選んで出かけています。運転すること自体が『老化を遅らせるためのトレーニング』だと考えて、あえてそうしているのです」。なるほど、勉強になります。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です