盛岡市、小学生の通院も対象 医療費助成16年度から

健康・予防

  • 1,271
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.iwate-np.co 岩手日報 2015.06.25 UPDATE

(2015年6月23日 岩手日報より) 盛岡市の谷藤裕明市長は22日の市議会一般質問で、子どもの医療費助成制度の対象について、小学生の通院費も加える方針を示した。所得制限を設けず、市単独の取り組みとして2016年度から導入する予定だ。  谷藤市長は「人口減少の中で対象拡大は子育て支援の重要なポイントとなる。多くの市民、子育て世代が強く望んでいる」と理由を述べた。

記事全文を読む

14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00

坪谷透

東北大学大学院歯学研究科 助教、博士(医学)、医師

あまり知られていませんが、18歳未満の子どもについての医療費の自己負担は、お住まいの都道府県・市町村により大きく異なります。
これについて皆さんはどのようにお感じになるものでしょうか??
1つの考えは、医療は生存権であり生存権は憲法が保証するものであり、また居住選択の自由も憲法が保障する、よって医療にかかる自己負担も国の中では同じであるべきでしょうか?
逆の考えは、住む場所により便利な店が無かったり勉強熱心な地域があるのと同様、医療費の自己負担だって、住む場所で違ってもよい(嫌なら引越せばよい?)と感じるものでしょうか?

日本の世論がどう考えているのか興味あるけど、そういう世論調査とかないよなぁ・・・

子どもの医療費の自己負担については以下の2つの記事が参考になると思います。
http://www.asahi.com/articles/ASH4H0S7MH4GUTIL065.html
http://diamond.jp/articles/-/47983

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です