糖尿病は贅沢病ではなく"貧困病"だった 格差が広がる日本の未来はどうか?

健康・予防

  • 4,836
  • 15
  • 0

favicons?domain=healthpress HEALTH PRESS 2015.06.23 UPDATE

1435058034mDue5DLlEG

(2015年6月23日 HEALTH PRESSより) 十分な食費を確保できていない2型糖尿病患者は、食事の心配のない患者に比べ、良好な血糖コントロールができていないことが新たな研究で判明した。糖尿病に関する教育では、健康的な食事についてだけでなく、食べ物の入手のしやすさについても議論する必要があると、研究著者である米エモリー大学糖尿病教育訓練学会のBritt Rotberg氏は述べている。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

経済的な豊かさと健康は密接に関係しています。衣食住に事欠くような状況がほとんどなくなるくらいに国が豊かになると、贅沢病だった糖尿病も「貧困病」に転換します。お金がなく、社会から孤立しがちなストレスフルな状況のために、まっとうな栄養管理をしにくくなるからです(このように豊かさの向上に伴い病気の状況が変わることを疫学転換といいます)。

私たちの研究でも、低所得者ほど糖尿病の割合が高く、糖尿病と診断されており通院している人の中でも、低所得者ほど血糖値のコントロールがよくないことがわかっています。

記事の中の「日本では着実に経済的な格差が広がっている。」は、どういった格差を刺しているのかあいまいで、また客観的な根拠がありませんが、はるか昔に作られた社会保障の制度が現在の状況にそぐわなくなり、セーフティネットから抜け落ちて貧困化してしまっている世帯が目立ってきているのは事実でしょう(阿部彩氏「子どもの貧困」など読んでみてください)。今日的な社会保障のあり方が問われてます。

貧困や社会的な孤立は万病のもと。個人の努力だけに任せていては、本人が不健康で不幸になるばかりでなく、社会全体のコストも上がります。みんなで考えていきたい課題です。

  • 15
  • /
  • 専門家のいいね!8
  • 143130910655d2b7963799d3a3941cdde62b3ad021
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba
  • usericon_noimage
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です