アメリカの各州で最も「ユニークな」死因を1つの地図にまとめると...

健康・予防

  • 1,750
  • 10
  • 0

favicons?domain=www.huffingtonpost THE HUFFINGTON POST 2015.06.23 UPDATE

1435047265vgm0r4NXJ0

(2015年06月20日 THE HUFFINGTON POSTより) それぞれの州で最も「固有の」死因は何だろうか? ニューヨーク州キャンサー・レジストリの研究員であるフランシス・ボスコ氏は、2001年から2010年までの各州ごとの死因を分析して、その質問の答えを示した。全部で136種類ある死因から、ボスコ氏は各州ごとに、アメリカの母集団とは異なる第1の死因を突き止めた。気をつけるべきは、これらが各州で最も一般的な死因ではないということだ。これらはアメリカ全体の平均と比べて際立って割合が多い死因であると考えて欲しい。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

一見何のデータかわかりにくいのですが、各州について、米国全体の死因の分布から最もずれている死因をピックアップして図に示したもの、といえます。

命の終わり方が、住んでいる地域の特徴によって大きく影響を受けるということを示す興味深いデータですね。

日本でも同じような分析をしたら、それなりに重要な「死因の地域格差」が浮き彫りになるかもしれません。

元情報はこれ:http://www.huffingtonpost.com/2015/05/19/causes-of-death-by-state_n_7309400.html

  • 10
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 143130910655d2b7963799d3a3941cdde62b3ad021
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • usericon_noimage
  • 1432799497CDDwggmeNF
  • 1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です