米国で使用禁止になる「トランス脂肪酸」

健康・予防

  • 945
  • 5
  • 1

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.06.22 UPDATE

1434969651dccD6f1h0z

(2015年6月21日 日経Gooday(グッデイ)より)  米国において、一部の菓子類やマーガリン、揚げ物などに含まれ、心臓疾患のリスクを高めるとされる「トランス脂肪酸」の原因となる油の使用が禁止されることになりました。トランス脂肪酸は、悪玉とされる血中のLDLコレステロール値を上昇させて動脈硬化の原因となり、その結果として心臓病のリスクを高めるとされています。そのため、米食品医薬品局(FDA)は6月16日に、3年間の猶予期間を経た2018年6月以降は、食品への添加を原則認めないという方針を発表したのです。FDAは今回の決定によって、「致命的な心臓病を年に数千件減らせる」としています。

記事全文を読む

usericon_noimage

村上 健太郎

滋賀県立大学 人間文化学部 生活栄養学科 准教授 博士(食品栄養科学)

日本人と対象としてトランス脂肪酸の摂取量を推定した学術論文は、ぼくが知る限りではひとつしかありません(Yamada et al. J Epidemiol. 2010;20(2):119-27.)。この研究では30~69歳の男性106人、女性119人の食習慣を、食べたものを重量を含めてすべて記録してもらう食事記録を1年間にわたって合計16日間実施して評価しました。トランス脂肪酸が総エネルギー摂取量に占める割合が1%を超える人(WHO基準)は、男性で5.7%、女性で24.4%でした。この数字をどう解釈するかについてはいろいろな意見があると思われますが、日本には科学的根拠がこの論文しかないということと、アメリカのアクションの背景には山のような論文の蓄積があるということはしっかり認識すべきだと思います。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • 日本のデータは、乳製品などに自然に含まれるものも含むのでしょうか。でしたら、より懸念されるタイプのトランス脂肪酸の摂取量は低いと考えられます。いずれにせよ、研究成果がもっとほしいですね。

    このコメントにいいね!する

    2

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です