ゴルフの上達に欠かせない2つの目標設定:現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

スポーツ

  • 748
  • 3
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.06.23 UPDATE

1434969545vlfx8ctz7G

(2015年6月22日 日経Gooday(グッデイ)より) ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

この記事から学んだこと、ゴルフのエージシュートは、「6000ヤード以上の18ホール」で達成されたものという共通認識があるが、明文化はされていない、ということ。この記事で紹介されている大久保さんは6000ヤードに満たないコースでのエージシュートも多いようですが、短いから簡単、という訳でもないので、やっぱりすごい方です。また、「理想目標」と「達成目標」の2つを設定する、というのも行動科学的な理論に基づく、大切な考え方です。みなさんも、漠然とした「理想目標」だけでなく、少し頑張れば手が届く「達成目標」を立てましょうね!

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です