肺がんの死亡リスクを高める「慢性閉塞肺疾患(COPD)」「糖尿病」「うっ血性心不全」

病気・医療

  • 1,067
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.06.22 UPDATE

1434967063zZO7CfQFfo

(2015年6月21日 Medエッジより) 「慢性閉塞肺疾患(COPD)」「糖尿病」「うっ血性心不全」のような一緒にかかる病気があると、肺がんにかかっている人の死亡率は、一緒に病気を持たない場合と比べると死亡リスクが3割高まると分かった。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

喫煙者の多い日本では、肺がんは男性のがんによる死因の第一位です。

どのようなメカニズムでこのような結果になるのか、確かに興味深いところで、更なる検討が待たれます。

ただ、感覚的にはこの結果は納得できます。慢性閉塞肺疾患(COPD)は、肺がんと同じく、喫煙や粉じんの長期吸入によっておこる、肺がうまく機能しなくなる病気です。糖尿病は血糖値が上がり、血管を気づつけたり免疫能力を低下させます。うっ血性心不全は、心臓のポンプ機能がうまく働かない状態を示します。

いずれも、肺がんが進行したときの臓器の状況の悪化を加速してもおかしくないなと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です