「庶務課の仕事」で知り合った終生のゴルフ仲間:現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

スポーツ

  • 807
  • 3
  • 0

favicons?domain=gooday.nikkei.co 日経Gooday(グッデイ) 2015.06.19 UPDATE

14346144664dIHiAbrau

(2015年6月18日 日経Gooday(グッデイ)より) ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

健康目的であれば、手引きカートでのラウンドは良いですね。わたしの知人の90歳、100歳の方も、ゴルフは必ずカートを使わずに歩いてラウンドされています。わたしなんかは、カートでのゴルフばかりで、たまに歩きだときつく感じてしまいます。そういえば、先日、アメリカで初めてゴルフをしましたが、アップダウンの激しいコースで手引き。あれほど心拍数が上がる中でゴルフをしたのは初めてでした(苦笑)。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です