二日酔いを予防するための7つの方法

健康・予防

  • 1,957
  • 8
  • 0

favicons?domain=healthcare.itmedia.co ITmedia 2015.06.18 UPDATE

1434535848gzf15NOZGK

(2015年05月10日 ITmediaより) 頭痛や吐き気、胸やけなど二日酔いはつらいものです。しかし、お酒を飲んでいる時は楽しくて、つらい二日酔いのことなども忘れてしまいがち。しかし飲み過ぎれば二日酔いになることも多いものです。つらい二日酔いをしないためには、どのような方法があるでしょうか?

記事全文を読む

14345301913cc6d30fea2729514d366c8d4b1cf1ba

松尾恵太郎

愛知県がんセンター研究所 遺伝子医療研究部 部長 医師 博士(医学) 疫学修士 日本疫学会 理事

日本人ではアルコールが分解されてできるアセトアルデヒドを代謝する酵素(アルデヒド脱水素酵素2 ALDH2)の機能が弱い人が二人に一人程度います。飲んで赤くなる人は、遺伝的に二日酔いになりやすいのを自覚して、量に気をつけて飲むことが必要です。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427696886a93a6b2c6ce5fc1b390447504c86d211
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です