子どもの活発さ、変化は4パターン、スポーツとテレビの間に関連

出産・育児

  • 680
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.mededge Medエッジ 2015.06.18 UPDATE

1434520548n97NipqLIL

(2015年6月17日 Medエッジより)  子ども時代からの活発さを追跡調査すると、変化は4つのパターンに分かれるようだ。  米国のルーリー小児病院とアイオワ大学の研究グループが、有力医学誌の小児科版、ジャマ(JAMA)ペディアトリクス誌のオンライン版で2015年5月18日に報告した。  子ども時代から思春期にかけて、肥満しやすい行動が発達する経緯はさまざま。  研究グループはこのたび、中~強度の運動に費やす時間が5~19歳の間にどのように移り変わるかを検証した。そこに何らかのパターンがある場合にはそのパターンとスポーツをする時間、テレビを観る時間との間に関連性があるかを調べた。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

5歳から19歳までの身体活動量の変化を、加速度計という客観的な手法で継続的に調査した貴重な研究です。加速度計は、歩数計(「万歩計」は山佐の登録商標です)と似た形をしていますが、より精度の高い情報を入手することができ、一定強度以上の身体活動時間を分析したりすることができます。米国では、国民健康栄養調査にも取り入れられていて、こうした客観的な身体活動量に関する報告は、今後さらに増えていくことが見込まれます。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1443688708Yl2y5Jc9QB

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です