E型肝炎の患者倍増 「牛レバ刺しダメなら豚で代用」が原因(1/2ページ) - 産経ニュース

病気・医療

  • 1,182
  • 6
  • 3

favicons?domain=www.sankei 産経ニュース 2015.06.15 UPDATE

1434109115AzFHquSKA2

(2014年12月26日 産経ニュースより) 牛レバ刺しの飲食店での提供を禁止した平成24年を境に、E型肝炎患者が倍増していることが25日、国立感染症研究所の感染症発生動向調査で分かった。牛の代わりに豚の生レバーなどを提供する飲食店が増えたことが原因で、豚の生食によるE型肝炎の感染拡大が裏付けられた。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

豚肉は昔から火を通して食べていましたが、最近では生食も行われているようです。というのも、特定の病原体を持っていないSPF(Specific Pathogen Free)豚が市場に出回るようになったことも大きいのかもしれません。しかし、日本SPF豚協会でも生食は推奨しておりません(http://www.j-spf.com/Q&A/Q&A.htm)。日本SPF豚協会によると、排除の対象はオーエスキー病、豚流行性下痢症、伝染性下痢症、萎縮性鼻炎、マイコプラズマ肺炎、豚赤痢、サルモネラ・コレラ・スイス感染症、トキソプラズマ病ということで、E型肝炎ウイルスは入っていません。やはり豚は従来通りよく火を通して楽しんだ方がよさそうです(そもそも火を通さないのが信じられませんが・・・)

さて、「何を食べればいいんだ?」と頭を抱えている画面の前の方。レバ刺しに似た味と食感のモウカザメの心臓、「もうかの星」の刺身を食べに気仙沼までおいでくださいまし。美味しいですよ。

  • 6
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 1429131345XR5ivW3dIQ
  • usericon_noimage
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

  • マグロの心臓は食べたことがないですね。もうかのほしと同じような感じなのでしょうか?宮城県塩釜市では生マグロがあがるので、塩釜なら食べられますでしょうかね。

    気仙沼や三陸沿岸ではもうかのほしはポピュラーですので三陸沿岸の他の海の幸や内陸のお米、地酒や県南の野菜やフルーツ、美味しいものを食べに是非宮城にいらしてください。

    大学院生時代から10年住み、育てていただいた県なので、勝手に宮城親善大使として中部地区で奮闘しています。

    このコメントにいいね!する

    0

  • むかし、青森県深浦町で食べた、マグロの心臓も美味しかったです。獲ってすぐでないと食べられないそうなので、こちらも現地へ行かないと!ですが。

    このコメントにいいね!する

    1

  • モウカザメの心臓!
    初めて聞きました^^;

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です