仕事にも人生にも差が付くランチタイムの過ごし方

リフレッシュ

  • 1,655
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.cafeglobe cafeglobe 2015.06.15 UPDATE

1434107416cQl0uRcJFy

(2015年6月8日 cafeglobeより) 平日のランチタイム。テイクアウトをデスクで食べ、後は溜まったメールの返信をしたり、時間が余ればスマホをいじったり、という風に過ごしてはいないでしょうか。 通常は1時間程度ですが、週で換算すれば5時間、月に20時間。公私ともに忙しい働く女性にとっては、もっと有意義に使いたい貴重な時間です。 そこで、昼休みを活用し、ビジネスに生かしている有能なビジネスパーソンたちの過ごし方を、海外サイト『The Daily Muse』から紹介します。

記事全文を読む

1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af

奥原剛

大学病院医療情報ネットワーク研究センター 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野 特任助教 MPH(公衆衛生専門職)

多忙な人でも、1時間のお昼休みを合わせれば、月に20時間の自由時間、ということで、著名人のランチタイムの過ごし方を紹介しています。「ランチタイムはこう過ごせ!」みたいな余計なお世話な記事が多い中、この記事は運動、会食、昼寝と、著名人それぞれの過ごし方を紹介しているのがよいですね。自分流に有意義な過ごし方をすればよい、と。

私的に解釈すると、「自分を大事にする人は、ランチタイムも大事に過ごす」といったところでしょうか。ランチタイムも休まず仕事をしている人も、それがイコール「自分を大事に」しているということならば、休みなしでオッケーなのでしょうが…。あ、もう1時半だ。ウォーキングでランチに行こう。自分を大事に。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です