世界初!減らした体重キープする理論

ダイエット

  • 1,639
  • 7
  • 0

favicons?domain=www.yomidr.yomiuri.co yomiDr(読売新聞) 2015.06.12 UPDATE

1434010911ASN58M9bZP

(2015年6月11日 yomiDr(読売新聞)より)  こんにちは。  予防医学研究者の石川善樹です。  あと少しで、今年もアツい夏がやってきますね。 お肌を露出する機会も増えるので、ダイエットを考え始める方も多いのではないでしょうか?  でも、ダイエットに挑戦したほとんどの人は、リバウンドしてしまいます。 研究にもよりますが、ダイエットの成功率は2割にも満たないと報告されています。  そのためか、「ダイエットは確実に太るための手段である」と冗談のような話がされることもあります。  では、どうすればよいのでしょうか?

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 体育系 准教授 博士(体育科学)

どこに「世界初!減らした体重キープする理論」があるのかと思いましたが、研究に基づく理論ではなく、いわゆる「専門家の意見」ですね。記事の中で、「ダイエットの成功者」に話を聞いた研究というのがありますが、出典がないので定かではありませんが、おそらく米国でのNational Weight Control Registryのことかと思います。30ポンド(13.6kg)以上の減量を1年以上維持している人が、自主的に登録するサイトです。その結果を用いたThomasらの研究(Am J Prev Med 2014)では、リバウンドと関連する要因として、余暇身体活動量の減少、食事摂取量の増加、体重測定頻度の減少、脂質摂取量の増加が挙げられています。ご参考まで。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24355667

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 14332974500334834c0b995dbd3b646283f19fbc00
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です